仙台市青葉区のヘルニア治療院。ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症の痛みシビレにお悩みなら、わずかな刺激で筋肉をゆるませて血行を促す「痛くない整体法」で楽になりませんか?仙台市青葉区北仙台駅近くのもちずき整体院

脊柱管狭窄症

仙台で脊柱管狭窄症にお悩みのアナタヘ

名称未設定-1

はじめまして仙台市青葉区で脊柱管狭窄症の治療をしている望月と申します。

うちの整体院は、北仙台駅から10分もかかる立地なのですが、「足がしびれる」と訴える坐骨神経痛のかた、「時々しゃがみこんでしまう」「腰が痛くて眠れない」という方がたくさん来院されます。

そして、笑顔をとりもどして治療を卒業していきます。

なぜそんな事が可能なのか?

お話させてください。

みのもんた氏を襲った「脊柱管狭窄症」

「05年の春、突然腰に激痛が走りました。立っていると腰が重くなってきて、本番では、テレビに映らないように透明のプラスチックの台に腰掛けていました。それがだんだん、座るのもつらい、寝るのもつらいという状態にまでなりました。」

みのもんた氏が病院で受けた説明は「「ヘルニアではありません。背骨が変形して、神経が通る脊柱管が狭窄を起こしています」」というものでした。

「脊柱管狭窄症とは?」

背骨は椎骨という骨がつみ木のように積み重なって「脊柱」をつくっています。

その「脊柱」の真ん中には通るストローのようなパイプが通っています。

そして、脳からの司令を全身へと送る中枢神経の束が、このパイプの中を通っています。

脊柱が変形することでパイプがつぶれて神経の束を圧迫し、腰に激痛が出たり、お尻やふともも、ふくらはぎなどにシビレが出たりするのが「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)です。

脊柱管狭窄症は次のような症状を引きおこします。

もし、あなたの腰や足にこのような症状が出ているのなら「脊柱管狭窄症」かも知れません。

  • 歩いていると痛みが出て、しゃがんで休んでしまう
  • 足が前に出なくなって歩みが止まる
  • 腰の痛みやしびれが前かがみになると楽になる
  • 仰向けで寝ると腰やお尻、足がしびれてくる
  • 腰を反らせない
  • あるくとスリッパが脱げる
  • 脚に力が入らない、脱力感がある(とくに午後からひどくなる)
  • 腰痛がある
  • 足をくすぐられても感覚がほとんどない

みのもんた氏も最初は「ヘルニアですね」と診断されたそうですが、一般的な腰痛やヘルニアと、脊柱管狭窄症の見分けがつかないケースがおおいです。

だから、間違った治療を受けているかたも見受けられます。

ですが、一般的な腰痛やヘルニアと、脊柱管狭窄症は治療の進め方がかわってきます。

脊柱管狭窄症の治療方法

「足がしびれるんです」と訴えて病院に行ったらMRIをとられて「脊柱管狭窄症ですね」と診断されるケースが大半で、

以前でしたら「スグに手術しましょう」と言われていました。

ですが、最近はよほど重症の場合をのぞいて保存療法をとるケースが増えています。

病院での脊柱管狭窄症の治療法

①薬物療法
・消炎鎮痛薬
・筋弛緩剤
・プロスタグランジン製剤
・ビタミンB12

②理学療法
・患部をホットパックや電気治療で温める温熱療法
・頸椎や腰椎を牽引器で牽引する牽引療法
・超音波や低周波を通電する通電療法
・ストレッチやマッサージ

③運動療法
腹筋、背筋、大殿筋などの脊柱を支える大きな筋肉を中心に筋力強化し、腸腰筋や大腿四頭筋のように骨盤を正常な姿勢にしてくれる筋肉を鍛えることにより、背骨が補強され正しい姿勢を保つことにより、患部にストレスのない状態を作ります。

④神経ブロック療法
飲み薬の痛み止めが無効だった時に行われます。
・硬膜外ブロック注射
・神経根ブロック注射
・トリガーポイントブロック注射

⑤手術

脊柱管狭窄症の手術は狭くなった脊柱管の通りを良くすることが目的となります。
脊柱管が狭くなっている靱帯を切除したり、脊椎の一部の骨を切除して除圧します。

1.椎弓切除術
背部を大きく切開する方法と、内視鏡を使用する方法があるが、脊柱管の内圧を下げるために椎骨の後方にある、椎弓を取り省く方法である。
椎弓の切除のやり方はいくつか種類があり、除圧法とも言われます。
2.椎体固定術
分離症やすべり症などの椎骨の不安定が著名なケースに選択される術式です。
変形した椎間板を摘出し、人口の椎間板で内方から固定し、上下の椎骨を外からビスで固定します。

いづれの手術もリスクが伴います
合併症
1.手術の際に神経を損傷することによる、下肢の麻痺、知覚鈍麻、排尿排便障害
2.術後椎間板炎(椎間板に炎症がおこり、激しい腰痛が続く)
3.創部に血腫が形成し、神経を圧迫して神経麻痺や下肢に放散痛が続く
4.腹部の大動脈を損傷して手術中の大出血を起こす
5.深部静脈血栓症
6.肺炎など

「脊柱管が狭窄して神経を圧迫している」「ヘルニアが神経を圧迫している」というウソ!

「脊柱管が狭窄して神経を圧迫している」「ヘルニアが神経を圧迫している」「梨状筋が神経を圧迫している」あなたもお医者さんからこうした説明を受けてきたと思います。

MRIの画像で椎間板からヘルニアが飛び出ている画像を見せながら、「この部分が神経を圧迫しています」と言われれば、「そうか、これがシビレの原因か」と納得すると思います。

ですが、「関節」「骨」の変性が原因と特定された特異型腰痛は15%に過ぎません。

腰痛のデータ

この表は、厚生労働省が発表した腰痛に関するデーターです。
椎間板ヘルニアが原因 4〜5%
脊柱管狭窄症が原因  4〜5%
圧迫骨折が原因    4%
その他        2%
原因が特定できる腰痛はこれだけしかありませんでした。

約85%の腰痛は原因が特定できないわけです。
その根拠となるデーターがコチラになります.

● 椎間板変性、ヘルニア、狭窄、骨棘のような構造上の異常所見は、腰痛症状のあるなしにかかわらず、一般集団によくみられる。Boden S et al. JBJS[Am] 72:403-8, 1990
● 腰痛既往者の47%は、MRI正常。Carragee EJ et al. Spine J 5:24-35, 2005
● 活動障害を伴う腰痛の予測因子は、MRI・椎間板造影所見よりも、心理社会的因子(心理的苦痛、恐怖回避の思考)Savage RA et al. Eur Spine J 6:106-114, 1997
● 重篤な基礎疾患のない腰痛患者に画像検査を行っても臨床転帰は改善しない⇒ルーチンの即時的な画像検査は止めるべきChou R et al. Lancet 373:463-472, 2009

こうしたデーターが脊柱管の狭窄や椎間板のヘルニアとシビレの因果関係が低いという証明をしてます。

天動説と地動説くらい視点の変換が必要なので、なかなか考えを変えない先生が多いわけですが、あなたが坐骨神経痛による痛みやシビレから開放されるためには、考えを変える必要があります。

脊柱管狭窄症やヘルニアの手術をしても再発する理由とは?

アメリカのリウマチ専門医Jeffrey Katz博士は、1996年に発表した論文の中で、

「脊柱管狭窄のために除圧手術を受けた患者を7~10年後に追跡調査したところ、1/4の患者が再手術を受け、1/3が重度の腰痛を訴え、半数以上が2ブロック程度の距離も歩けないことが明らかになった」

「痛みや機能障害がその後再発することは極めてよくあります。再手術も珍しくありません。脊柱管狭窄に手術は有効ですが、患者にあまり期待をもたせすぎてはいけません。この手術は股関節置換術とは違います。解剖学的な異常を完全に治せるわけではありません」

と述べています。

当院の脊柱管狭窄症の治療について

薬や神経ブロックで改善がみられない患者さんが整体で治まることがよくあります。

もし、あなたが「もう手術しかありませんね」と言われているとしても、その前に整体治療をお勧めします。

MRIやCTで脊柱管が狭くなっている症例でも、整体で痛みがおさまったり、間歇跛行でしゃがむ回数がへって一度に歩ける距離がのびたりするのです。

スクリーンショット 2015-11-15 22.26.46脊柱管狭窄症への整体のアプローチは、背骨のジョイント部分を支える多裂筋(たれつきん)という深層筋の緊張をほぐして柔らかくするものが最も有効です。

背骨は24個の骨(椎骨)がつみ木のようになっています。

そして、画像に出ている、背骨の椎骨と椎骨をつなぐ筋肉が多裂筋です。

この多裂筋が縮むと背骨と背骨のジョイント部分が縮みます。

そうすると神経が椎骨と椎骨にサンドイッチになり痛みやシビレが起こります。

ですので、多裂筋に刺激をいれてゆるめていくと、多裂筋にクッション性がもどり、神経の圧迫がゆるみます。

脊柱管狭窄症の改善事例 

仙台市青葉区Gさん58才(男性)

もちづき
ウチに来院される前はどういう状況でしたか?
G さん
秋祭りのとき交通整理をしていたら腰が痛くなってきて一步も歩けなくなりました。翌日、整形外科にいったら「椎間板ヘルニアですね」と言われてしばらく通院したんです。でも、いっこうに良くならなかったので脳神経外科でMRIを受けることになりました。そしたら「脊柱管狭窄症ですね」と。
もちづき
「脊柱管狭窄症」はわかりにくいですからね。Gさんはヘルニアもありましたからね。その後はどうされましたか?
G さん
しばらく整形に通っていました。でも間欠跛行がひどくなってきたのでコチラに来ました。
もちづき
そのときは、どんなお気持ちでしたか?
G さん
間欠跛行がでてくると、ちょっと出かけることも不自由になって、好きなゴルフにも行けない。とにかくイライラしていました。
もちづき
治療を受けてみてどうでした?
G さん
一回目のときは、何もしていない時の痛みはなくなりました。ただ、少し歩くとまた痛みがでて。でも回を重ねていくと間欠跛行が出なくなっていきました。
もちづき
その後はどうでした?
G さん
ゴルフがラウンドできた時は嬉しかったですね。今は、ときどき身体をメンテしてもらうくらいで、間欠跛行はまったくないです。

【診察日誌】

初診時      腰から右足にかけて痛みとシビレがあり、5分歩くと休憩するほど間欠跛行がひどい。治療後は、痛みが楽になったとのことで3日後にまた来てもらう。

2~5診  腰がラクになってきて、座っている時は痛くなくなった。

6~10診 安静にしていると全く痛みを感じなくなる

3ヶ月目 家族と温泉に行ったが痛みはなく、酒も飲める。

6ヶ月目  ゴルフをラウンド出来た。終盤少しシビレが出たが間歇性跛行もなかった

現在     経過良好

※個人の感想であり結果を保証するものではありません

▼アーロンチェア即納&送料無料!【アーロンチェアの庄文堂ネクスト】

腰のヘルニア整体院
住所〒 981-0914
仙台市青葉区堤通雨宮町5-22-102
アクセス地下鉄・JR北仙台駅から徒歩10分
受付時間月-土 10:00〜20:00
日 曜 10:00〜17:00
火曜・祝日 休み
TELもう大丈夫です、私たちにお任せください。
022-341-6081

Googleマップで開く

PAGETOP