仙台市青葉区のヘルニア治療院。ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症の痛みシビレにお悩みなら、わずかな刺激で筋肉をゆるませて血行を促す「痛くない整体法」で楽になりませんか?仙台市青葉区北仙台駅近くのもちずき整体院

自律神経失調症と坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因に自律神経の乱れがある

坐骨神経痛になるとビリビリと電気が流れるようなしびれの症状がでます。

正座で足がしびれた経験はお持ちだとおもいますが、血流が悪くなるとシビレが起こります。

実は、坐骨神経痛のシビレの原因となる血流障害に、自律神経失調症が関係しています。

自立律神経は意志では動かすことが出来ない神経のことです。

「ちょっと心臓を止めてみよう」とか「寒くなったので少し体温をあげよう」と思っても自分の意思では調整できないですよね?

でも、私たちの体は、走りだせばドクンドクンと心拍数が上がるし、真冬に立ちションをしたらブルブルっと震えて体温調整してくれます。

自律神経がバランスよく働くことで私たちは健康を保つことが出来るのです。

でも、ストレスがこの自律神経の調整機能を狂わせてしまうのです。

ストレスで胃がキリキリ痛んだり、プレッシャーがかかると手のひらに汗がにじんだり、ピンチになると冷や汗が出たり。

これは自律神経がストレスに反応した状態です。

プレッシャーが掛かるシーンで自律神経が働いて緊張状態になるのは命を守る上で必要な自己防衛のシステムです。

はるか昔、人類の祖先がジャングルに暮らしていた時代に、この自己防衛のシステムは出来上がりました。

あなたがジャングルで虎と出会ったシーンを想像してみてください。

鋭い牙をと、尖った爪を持つ虎がアナタを狙っています。

あの尖った爪で引っかかれたら皮膚は切り裂かれ大量の血が流れ出てしまいます。

そこで、アナタの自律神経は、こういう状態になると血液をネバネバにして血が流れにくい状態にして身を守ってくれるのです。

そして、胸の筋肉を戦闘状態にしてパワーを高め、虎と戦う準備をします。

さらに、スキがあれば走って逃げれるように、太ももやふくらはぎの筋肉に力がはいります。

心臓はドクンドクンと力強く脈打ち、呼吸はハーハーと早くなって酸素を沢山とりこんでパワーを上げていきます。

実は、現代でもストレスに陥った時、自律神経が自然とこの戦闘モードに入ります。

ただ、ジャングルで虎と出会って戦ったり、逃げ出したりする時間=ストレス下に置かれるのは数時間ていどでした。

ですが、現代社会ではストレスの性質が変わっています。

・学校でいじめられる

・親との折り合いが悪い

・会社で上司にいびられる

こうした人間関係のストレス。

・経営している会社の資金繰りが悪い

・営業成績が上がらない

・受験に失敗しそう

こうした社会生活のストレス

これらは、非常に長期間にわたって我々の身体を緊張状態に保ちます。

ストレスからくる

・睡眠不足

・食欲不振栄

が血行をわるくし、しびれの症状がでます。

 

 

TEL 022-341-6081

▼アーロンチェア即納&送料無料!【アーロンチェアの庄文堂ネクスト】

腰のヘルニア整体院
住所〒 981-0914
仙台市青葉区堤通雨宮町5-22-102
アクセス地下鉄・JR北仙台駅から徒歩10分
受付時間月-土 10:00〜20:00
日 曜 10:00〜17:00
火曜・祝日 休み
TELもう大丈夫です、私たちにお任せください。
022-341-6081

Googleマップで開く

PAGETOP