仙台市青葉区のヘルニア治療院。ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症の痛みシビレにお悩みなら、わずかな刺激で筋肉をゆるませて血行を促す「痛くない整体法」で楽になりませんか?仙台市青葉区北仙台駅近くのもちずき整体院

なぜ坐骨神経痛になってしまったの?「筋骨偏」

坐骨神経痛は、坐骨神経の圧迫による痛みやシビレの総称です。

ここでは、坐骨神経痛の発生要因を「筋肉や骨・関節」に限定して見ていきたいと思います。

座骨神経痛の原因となる腰の症状

腰部椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因として最も多いのが腰部椎間板ヘルニアです。

ヘルニアが神経根を圧迫

背骨の椎骨と椎骨のあいだにある椎間板が押しつぶされて飛び出した髄核(ヘルニア)が神経を圧迫します。

このヘルニアによる神経根の圧迫によって坐骨神経痛も発症することがあります。

ギックリ腰

ぎっくり腰と坐骨神経痛は腰の筋肉の疲労からくる筋膜の癒着が原因であることが多いので、親子関係にあります。

ですので、ギックリ腰から3週間以上たっても腰に痛みが残っている場合は坐骨神経痛を疑う必要があります。

腰部脊柱管狭窄症

背骨のなかに脊柱管というストローのような管があって、そこが脳からの神経の通り道になっています。

このストローがつぶれて神経を圧迫する症状が脊柱管狭窄症です。

狭窄は先天的な原因の場合もありますが、加齢によるケースが大半です。

これが腰で発生すると腰部脊柱管狭窄症と呼ばれ、馬尾神経が圧迫されて腰〜おしり〜太もも〜ふくらはぎ〜足先がしびれてしまいます。

腰椎分離症・すべり症

腰椎は椎間関節でつながっていますが、疲労骨折でこの椎骨がずれ動いて神経を圧迫しますすのが腰椎すべり症・分離症です。

スポーツ選手や高齢者に多い症状で、椎骨がすべることで神経を圧迫してシビレ・腰痛を発症します。

変形性腰椎症

腰椎を構成する骨(椎骨)が、加齢や負担の蓄積でトゲ状に変形=骨棘形成して神経を刺激します。

スクリーンショット 2015-12-15 15.34.01

この表のオレンジの部分が骨棘形成の患者さんの数を示していますが、60代〜70代に多いことがお分かりいただけると思います。

しかし、折れ線グラフが腰痛の発生年齢や腰痛の保有者を示していて、ピークが30代であることを考えると、「骨・関節」だけが腰痛の発生原因でないことがご理解いただけると思います。

ですので、このページでは「筋骨」の起因するものに限定しておとどけし、その他の要因は、コチラでご案内致します。

 

▼アーロンチェア即納&送料無料!【アーロンチェアの庄文堂ネクスト】

腰のヘルニア整体院
住所〒 981-0914
仙台市青葉区堤通雨宮町5-22-102
アクセス地下鉄・JR北仙台駅から徒歩10分
受付時間月-土 10:00〜20:00
日 曜 10:00〜17:00
火曜・祝日 休み
TELもう大丈夫です、私たちにお任せください。
022-341-6081

Googleマップで開く

PAGETOP